花粉症ケア

花粉症にはアレルギー用薬よりも抗ヒスタミン薬

大きな現代病として花粉症があります。
一昔前まではそこまで発症していると思われる人は多くありませんでしたが、ここ数年はかかっていない人の方が少ないのではないかと思われているのが花粉症です。
この花粉症という病気は命に関係のあるようなものではありませんが、注意力がなくなったり、集中力を保つことができなくなってしまって、危険を招く事が懸念されます。
そんな花粉症には多くの薬が出されています。抗ヒスタミン薬と言われる成分を含んでいるものが主流となっています。
アレルギー用薬はアレルギーに対して無理矢理抑える効果がありますが、反対にアレルギー用薬によって余計な反応が起きてしまうことも考えられます。
そこで最近はアレルギー用薬を使用することは少なくなりました。
その代わりにでてきたのが、抗ヒスタミン薬と言われる種類のものです。
細胞からだされるヒスタミンが体の中で、ヒスタミン受容体といわれる部分で反応を起こすことで、くしゃみや涙が止まらなくなることが分かっていますので、抗ヒスタミン薬でこの間にブロックを張るようにします。
それによって、ヒスタミンの反応を抑えることで、くしゃみや鼻水を防止しようとするものです。
第二世代抗ヒスタミン薬と言われるものは、アレルギーにだけうまく反応するものが開発されています。
ヒスタミンは脳内の神経伝達物質でもありますので、初期の抗ヒスタミン薬は脳にまで届いてしまって眠気などを引き起こしてしまっていました。それを改良して、日常に支障のない薬として利用されているのが、昨今の抗ヒスタミン薬なのです。
この薬の出現によって、日常に問題なく、花粉症の症状だけを抑えることができるようになってきました。