花粉症ケア

花粉症へのセルフケア

花粉症は植物の花粉によりくしゃみ、せき、目のかゆみ、発熱などを伴います。花粉症の原因になる花粉もスギ、ヒノキ、イネなど年中飛んでいます。アレルギー体質でひどい方は年中花粉症の方もおられるのではないでしょうか。
セルフケアの方法としては、1番は体内に花粉を取り込まないようにマスクをしたり、花粉用メガネなどをすることです。しかし、室内にいる場合でも常にマスクやメガネをすることは辛いと思います。そこで空気清浄機や適度な加湿をすることで室内の花粉飛散を抑えることができます。花粉が水分を含み下の方に落ちていきます。また市販薬には眠くなりにくい花粉症薬や目を洗う専用の器具なども売られていますからそういったものを使うのもひとつの方法かもしれません。
花粉症が起こる原因は体質にもよるのですが、体の免疫機能が過敏に反応することで起こります。ですから花粉を異物として体が過剰反応しないようにするためにも腸内環境を整えることが最も重要です、またアレルギー症状を抑える可能性のある食べ物も試してみてはいかがでしょうか。例えはヨーグルトや甜茶などは代表格です。しかし現在様々な学術論文はあるのですが、これが必ず全員に効くといった食べ物はまだ発見されていません。個人差もありますが相対的に上記のものが効く可能性が高いです。偏った食生活やストレスも花粉症を誘発されますからできる限り精神面でのコントロールも必要です。
最新の自宅でできるセルフケアとして現在は病院に行って診断を受けないといけないものですが、舌下療法も始まっています。セルフケアも重要ですがその他にも新しい自宅で簡単に行える治療法もあります。医師と相談のうえ行うことで花粉症の症状を軽減できる可能性がより高まります。
また最近ではアレルギー症状を抑える薬などもあります。アレロックという薬はアレルギー性鼻炎や湿疹、くしゃみや鼻づまりなどのアレルギー症状を抑える効果があります。副作用の面でも、アレロックは副作用が少ないほうなので比較的安全に使用できます。
花粉症への様々な対処方法を知って、セルフケアしていきましょう。

■花粉症の薬にもそれぞれ特徴があるので、自分にあったものを選んで服用しましょう
花粉症 薬